法學期刊
  • 社群分享
論著名稱:
人事データはいつまで保存するか?どのように保存するか?
文獻引用
編著譯者: 陳文智
出版日期: 2021.06
刊登出處: 台灣/萬國法律第 237 期/119-122 頁
頁  數: 4 點閱次數: 412
下載點數: 16 點 銷售明細: 權利金查詢 變更售價
授 權 者: 萬國法律基金會 授權者指定不分配權利金給作者)
關 鍵 詞: 人事データ保存義務請求権の消滅時効労働者
中文摘要: 雇主と従業員の間には、労使関係開始の採用通知書、労使関係存続中の給与明細、労使関係終了時の普通解雇通知書など、多かれ少なかれ労使関係に関する書類が存在するのが普通である。これらの人事データは、従業員が増加および流動するのに伴い、少しずつ累積して相当の数量になっていく。会社のスペースには限りがあり、日々増えていく書類を見て、会社は、これらのデータを保存すべきか、いつまで保存すべきか、どのような形式で保存するかなどの問題に直面することになる。実は、ある種の人事データはその保存義務および期限等について法律に関連規定がある。ただ、法律で保存しなければならないと規定されてはいない人事データであっても、将来もし労使紛争が発生した場合に、労使関係の履行過程に関する証明書類とするなどの観点からは、やはり保存する必要性がある。本稿では、以上のいくつかの実務上よく会社を悩ませるイシューにつき説明し、分析する。
目  次: 一、人事データは労使関係の成立および履行を証明するための重要書類である
二、法律に保存義務および期限が定められている人事データ
三、法律に保存義務および期限が定められていない人事データ
四、人事データの保存形式
五、結び
相關法條:
相關判解:
相關函釋:
相關論著:
陳文智,人事データはいつまで保存するか?どのように保存するか?,萬國法律,第 237 期,119-122 頁,2021年06月。
返回功能列